山陽新聞デジタル|さんデジ

辺野古、承認取り消し求め提訴 普天間移設の代執行巡り、住民ら

 提訴前に、那覇地裁に隣接した公園で気勢を上げる原告ら=22日午後、那覇市
 提訴前に、那覇地裁に隣接した公園で気勢を上げる原告ら=22日午後、那覇市
 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古沖移設を巡り、斉藤鉄夫国土交通相が代執行した軟弱地盤改良工事の設計変更承認は違法だとして、周辺住民ら30人が22日、国を相手取り、承認取り消しを求め那覇地裁に提訴した。国側が、承認は形式的には県によるもので、国は被告に当たらないと主張することを想定し、県を被告とした訴訟も併せて提起した。

 訴状では、辺野古沖大浦湾側で見つかった軟弱地盤の調査が十分でないとし、国の設計変更申請は公有水面埋立法の要件を満たさないと指摘。国交相が県の不承認を取り消した裁決と承認するよう求めた是正指示、その後の代執行承認は違法だと主張した。

(2024年02月22日 18時15分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ