山陽新聞デジタル|さんデジ

ウクライナ、抗戦継続を7割支持 24日で侵攻2年、長期化必至

 キーウの集合住宅に描かれた壁画。首都防衛の兵士らをたたえた=1日(AP=共同)
 キーウの集合住宅に描かれた壁画。首都防衛の兵士らをたたえた=1日(AP=共同)
 【キーウ共同】ロシアによるウクライナ侵攻は24日、開始から2年を迎える。全土奪還を掲げるウクライナ国民の7割以上が依然として戦争継続に賛成する。国内で高い支持を集めるロシアのプーチン大統領に譲歩の余地はなく、長期化は必至だ。犠牲が拡大し、社会に疲労が蓄積するウクライナは難局が続く。

 キーウ国際社会学研究所が今月上旬、ウクライナで約1200人を対象に実施した世論調査によると、侵攻開始当初の2022年5月と同水準の73%が「必要な限り戦争に耐える」と回答した。ロシアが併合した南部クリミア半島や東部ドンバス地方(ドネツク州とルガンスク州)を含む全土を奪還して終戦すると信じる人は65%に上った。

 東部ハリコフ州や南部ヘルソンを相次いで奪還した軍の躍進は22年秋以降に停滞。昨年の反転攻勢は失敗とされ、社会に落胆が広がった。ゼレンスキー大統領は欧米の支援強化に奔走するが、求心力は下り坂だ。

(2024年02月22日 19時37分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ