山陽新聞デジタル|さんデジ

中日・三好、打力向上でアピール 1軍定着目指す4年目外野手

 DeNAとの練習試合で、先制打を放つ中日・三好=宜野湾
 DeNAとの練習試合で、先制打を放つ中日・三好=宜野湾
 1軍定着を目指す中日4年目外野手、三好が好調だ。12日、沖縄県宜野湾市での練習試合で「3番・中堅」で出場し、三回に適時打を放った。DeNAの若手左腕、坂本の球を力強く捉え「少しずつ課題の修正ができてきた」と一息つく。

 打力不足が影響し出場30試合にとどまった昨年と構えを変えた。昨秋に片岡ヘッドコーチから助言を受け、バットを投手側に倒して球を待つことにした。バットを遠回りせず体に巻き付くように出すための取り組みの一環で「フィットしてきた」と手応えを口にする。

 10日の2軍練習試合での3ランに続く活躍。チーム屈指の俊足で守備も堅実。ポジション獲得のチャンスも出てきそうだ。

(2024年02月12日 19時24分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ