山陽新聞デジタル|さんデジ

大阪で「空飛ぶクルマ」の実験 ドイツ製、万博で知見活用

 大阪ヘリポートで実施された試験機「2X」の実証実験=11日午前、大阪市
 大阪ヘリポートで実施された試験機「2X」の実証実験=11日午前、大阪市
 大阪ヘリポートで実施された試験機「2X」の実証実験=11日午前、大阪市
 大阪ヘリポートで実施された試験機「2X」の実証実験=11日午前、大阪市
 経済産業省などは11日、大阪市でドイツ製の「空飛ぶクルマ」を運航する実証実験を行い、報道関係者に公開した。社会実装に向けたプロジェクトの一環。管制担当者との連携など、実験で得た知見を2025年大阪・関西万博でも活用する。

 此花区の「大阪ヘリポート」で実施した実験では、独ボロコプターの試験機「2X」にパイロット1人が搭乗した。管制は日本航空が担当。離陸後、海面の30~40メートル程度上空を約5分間周回し、着陸する手順を確認した。

 石井拓経産政務官は「運航手法の確立や管理システムの開発に活用していきたい」と話した。

(2023年12月11日 17時43分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ