山陽新聞デジタル|さんデジ

安倍派松野氏側に1千万円超還流 裏金疑惑、政権中枢に波及

 記者会見する松野官房長官=8日午後、首相官邸
 記者会見する松野官房長官=8日午後、首相官邸
 高木毅国対委員長(左)、世耕弘成参院幹事長
 高木毅国対委員長(左)、世耕弘成参院幹事長
 自民党派閥の政治資金パーティー券問題を巡り、安倍派(清和政策研究会)所属の松野博一官房長官側が、直近5年間で1千万円超の還流を受けながら政治資金収支報告書に記載していなかった疑いのあることが8日、関係者への取材で分かった。高木毅国対委員長側、世耕弘成参院幹事長側にも1千万円超が還流されていたとみられることも判明。裏金疑惑は政権中枢に波及した。3人は安倍派の有力者「5人組」のメンバー。

 松野氏が派内の実務を取り仕切る事務総長を西村康稔経済産業相と交代した後の2022年、派内で還流取りやめに向けた動きがあったが、実現しなかったことも新たに分かった。東京地検特捜部は事務総長経験者らから事実関係を確認するとみられる。高木氏は西村氏の後任として22年8月から事務総長を務めている。

 清和会は、21年11月に安倍晋三元首相が会長に就任し、安倍派に衣替えした。松野氏は前身の細田派で19年9月から21年10月まで事務総長を務めた。

(2023年12月08日 22時09分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ