山陽新聞デジタル|さんデジ

世界の個人情報流出、26億件 21~22年、クラウドが標的

 アップルのクラウドサービスに保存されたデータを暗号化する機能
 アップルのクラウドサービスに保存されたデータを暗号化する機能
 世界の個人データの漏えい件数が2021~22年の2年間で計26億件に上ったとの調査報告書を米アップルが8日までに発表した。23年も被害は増加傾向にあり、大量の個人データが保存されたクラウドサービスが狙われている。アップルは、暗号化技術を活用してデータを保護する重要性を訴えている。

 アップルが米マサチューセッツ工科大のスチュアート・マドニック教授に調査を委託。同教授は、ハッカーによる身代金要求型ウイルス「ランサムウエア」の攻撃は組織化され、クラウドを利用している組織で被害が相次いでいると指摘した。

 個人データ保護策として、「エンド・ツー・エンド暗号化」の利用が広がっている。

(2023年12月08日 15時57分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ