山陽新聞デジタル|さんデジ

NY株4日ぶり反発62ドル高 ITや半導体が買われる

 ニューヨーク証券取引所
 ニューヨーク証券取引所
 【ニューヨーク共同】7日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は4営業日ぶりに反発し、前日比62・95ドル高の3万6117・38ドルで取引を終えた。人工知能(AI)関連の発表が相次いでいることを背景に、連想されたITや半導体の銘柄が買われたのが相場を押し上げた。

 米グーグルの新しいAI導入などが材料視された。米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げ停止への期待感も続いた。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は反発し、193・28ポイント高の1万4339・99。

 個別銘柄では、小売りのウォルグリーンズ・ブーツ・アライアンスや半導体のインテルの上昇が目立った。

(2023年12月08日 07時27分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ