山陽新聞デジタル|さんデジ

ウクライナの汚職対策支援 与党議連、当局と意見交換

 司法外交を推進する与党の議員連盟は7日、東京都内で会合を開き、ウクライナの捜査当局者らと同国の汚職対策支援について意見交換した。ウクライナでは汚職が深刻で、目標とする欧州連合(EU)加盟に向け、対策強化が課題となっている。議連の上川陽子外相は「欧州統合に向けたウクライナの汚職対策や司法改革の取り組みは、日本政府としても重要だ」と述べた。

 先進7カ国(G7)は7月の司法相会合で、ウクライナの法務・司法分野への支援をうたう「東京宣言」を採択。ウクライナの復興を見据え、不正を防ぐためG7で「汚職対策タスクフォース」を設置した。

(2023年12月07日 20時37分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ