山陽新聞デジタル|さんデジ

ロシア参加問題、来年3月判断 IOC方針とウクライナ

 IOCのバッハ会長
 IOCのバッハ会長
 【ロンドン共同】ウクライナ・オリンピック委員会のフトツァイト会長は6日、ウクライナ侵攻を続けるロシアとベラルーシのパリ五輪への参加問題について、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が来年3月に決める方針を示したと明らかにした。自身の交流サイト(SNS)に投稿した。

 5日にスポーツ界の首脳を集めた五輪サミットが開かれ、バッハ氏の発言はその前日だったという。フトツァイト氏は「われわれの立場は変わらない。ウクライナで戦争が続く限り、戦争を始めた人たちを国際大会から排除すべきだ」とした。

(2023年12月07日 18時47分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ