山陽新聞デジタル|さんデジ

ふるさと納税品にカビ毒小麦 岩手「花巻産そうめん」

 岩手県産小麦の一つ「ナンブコムギ」からカビ毒が検出された問題で、岩手県花巻市は7日、ふるさと納税品のそうめんに、該当するナンブコムギが使用されていたと発表した。市は同品の発送を停止し、寄付金の返金や代替品を送る手続きを進めている。これまでに健康被害などの報告はないという。

 市によると、該当のナンブコムギが使用されていたのは、7月14日以降に発送された「花巻産南部小麦そうめん」で、賞味期限が「2025年5月」と表示されている。既に334件発送したが対象者には連絡済み。

 市は寄付金計約390万円を返金もしくは、同市の別の返礼品を代替品として送る対応を取るという。

(2023年12月07日 13時14分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ