山陽新聞デジタル|さんデジ

パチン、パチン 柳並木を剪定 倉敷市美観地区の倉敷川沿い

倉敷市美観地区で行われている柳の剪定
倉敷市美観地区で行われている柳の剪定
 倉敷市美観地区の倉敷川沿いで、恒例の柳並木の剪定(せんてい)が行われている。こんもり茂った枝葉をすっきり刈り込み、迎春準備を整えている。

 初日の5日は、市から委託された造園業者6人が大原美術館(同市中央)前から作業を開始。脚立や高所作業車に乗り、長く伸びた枝葉を「パチン、パチン」とはさみで切り落とした。観光客らが年末の風物詩を眺めていた。

 柳の剪定は、景観保全や病害虫対策のため、市が毎年6、9、12月に実施。今回は14日まで作業する予定で、入船橋までの両岸約800メートル区間にある計138本を整える。

(2023年12月06日 14時37分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ