山陽新聞デジタル|さんデジ

旧統一教会側、首相と面会認める 岸田氏、重ねて「承知せず」

 記者団の取材に応じる岸田首相=5日午前、首相官邸
 記者団の取材に応じる岸田首相=5日午前、首相官邸
 岸田文雄首相と世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の米教団元会長や友好団体トップらが2019年に面会した際の写真が報じられたことに関し、教団関係者は5日、自民党本部で面会したと認めた。首相は「ギングリッチ元米下院議長と面会した際の同席者は承知していない。写真があったとしてもこの認識は変わらない」と重ねて強調した。官邸で記者団の質問に答えた。

 教団関係者によると、友好団体トップらは当時首相だった安倍晋三氏と面会すると聞いていたが、当時、自民党政調会長だった首相に変更になったという。理由は不明としている。日本教団は「友好団体のことなので、コメントできない」としている。

 首相は記者団に、同席した通訳など関係者に面会の有無を確認したところ、記録はなかったと説明。「ギングリッチ氏と会ったことは記憶しているが、その内容は記憶していない」と言明した。

 朝日新聞は5日付朝刊で、首相と旧統一教会の友好団体「天宙平和連合(UPF)ジャパン」のトップとみられる人物らが並んで写った写真を掲載した。

(2023年12月05日 12時56分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ