山陽新聞デジタル|さんデジ

太平洋側で最大40センチの津波 フィリピン、M7・7地震で

 津波注意報について記者会見する気象庁の担当者=3日未明、気象庁
 津波注意報について記者会見する気象庁の担当者=3日未明、気象庁
 気象庁
 気象庁
 2日午後11時37分ごろ、フィリピン付近で地震が発生、3日に日本の太平洋側各地で最大40センチの津波が観測された。気象庁によると地震の規模はマグニチュード(M)7・7で震源はミンダナオ島付近。米地質調査所(USGS)によると震源の深さは32・8キロだった。

 津波は3日午前3時12分に鹿児島県奄美市で20センチ、その後東京・八丈島で40センチの他、千葉、静岡、愛知、三重、和歌山、徳島、高知の各県で観測した。フィリピンのダバオでは8センチを観測した。総務省消防庁によると、国内で人的被害は確認されていない。

 気象庁はこの地震に伴い、2日深夜に11都県の沿岸部や島しょ部に津波注意報を出していたが、3日午前9時までに全て解除した。

 政府は2日、官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置。気象庁は3日未明に記者会見し、海岸に近づかないよう注意を呼びかけた。地震は逆断層型で、海外の遠方の地震で津波注意報が出たのは、岩手県で78センチの津波を観測した2015年9月のチリ中部沖地震以来。

(2023年12月03日 09時27分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ