山陽新聞デジタル|さんデジ

米軍、オスプレイを奄美に派遣 救難で、市長「懸念禁じ得ない」

 奄美空港に着陸した米海兵隊のMV22オスプレイ2機=2日午前8時55分ごろ
 奄美空港に着陸した米海兵隊のMV22オスプレイ2機=2日午前8時55分ごろ
 鹿児島県・屋久島沖の米空軍輸送機CV22オスプレイ墜落事故で、在日米軍は2日、普天間飛行場所属で、海兵隊仕様のMV22オスプレイ2機を鹿児島県・奄美大島の奄美空港に派遣した。救難活動と人員輸送のためとしている。鹿児島県の塩田康一知事は同日、安全に万全を期し、陸上を飛行しないことを米側に要請するよう九州防衛局に申し入れたと明らかにした。

 鹿児島県奄美市の安田壮平市長は2日「人命救助ということで致し方ない一方、事故直後で多くの島民が不安を感じている中であり、懸念を禁じ得ない」とのコメントを出した。

 米軍は事故後、横田基地配備のCV22の飛行は停止したがMV22、海軍仕様のCMV22の運用は継続。日本政府は米側に対し、日本国内でのオスプレイ運用について、安全が確認されてから飛行を行うよう要請しているが、捜索救助活動での飛行は容認している。

 2機のMV22は2日午前8時50分ごろ、奄美空港に着陸。うち1機は10時半ごろ離陸した。鹿児島県によると、米軍は3日も奄美空港にMV22を展開させる予定。

(2023年12月02日 11時31分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ