山陽新聞デジタル|さんデジ

兵庫県警、窃盗容疑で誤認逮捕 60代女性、14時間半後釈放

 兵庫県警察本部=神戸市中央区
 兵庫県警察本部=神戸市中央区
 兵庫県警は1日、コンビニの売上金などを盗んだとする窃盗容疑で、店のパート従業員の60代女性を誤認逮捕し、約14時間半後に釈放したと発表した。実際は被害はなかったことが判明したという。県警は女性に謝罪した。

 県警によると、11月30日、兵庫県尼崎市のコンビニ店長から「(女性が)店の両替箱から数十万円の現金を盗んだ」という趣旨の通報が尼崎南署にあった。防犯カメラを確認するなどした上で女性を逮捕したが、女性は「お金は取っていない」と容疑を否認していた。

 12月1日午前、店舗責任者から「被害金額を修正したい」と連絡があり、捜査の結果、店側からコンビニ本部への売上金の報告金額が誤っていたことが判明した。

 県警本部捜査3課の石原智之次席は「裏付け捜査が不十分だったと考えている。今後このようなことがないよう指導したい」と話した。

(2023年12月01日 23時03分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ