山陽新聞デジタル|さんデジ

ワリエワ問題は2月裁定か 国際スケート連盟が声明

 カミラ・ワリエワ(タス=共同)
 カミラ・ワリエワ(タス=共同)
 国際スケート連盟は11月30日、世界反ドーピング機関(WADA)が4年間の資格停止処分を求めて提訴しているフィギュアスケート女子のカミラ・ワリエワ(ロシア)のドーピング問題で、スポーツ仲裁裁判所(CAS)が来年2月12日までに裁定を下す見込みとの声明を出した。CASは11月10日に来年1月末までに決定すると発表していた。

 ワリエワは昨年2月の北京冬季五輪期間中に問題が発覚した。(AP=共同)

(2023年12月01日 10時52分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ