山陽新聞デジタル|さんデジ

屋台の経済効果、100億円超 福岡市、12年前から倍増

 観光客らでにぎわう福岡市の繁華街・中洲=6月
 観光客らでにぎわう福岡市の繁華街・中洲=6月
 国内有数の100軒超が軒を連ねる福岡市の屋台に関し、経済波及効果が年間104億9千万円に上ることが30日、同市の推計調査で分かった。福岡観光の目玉として急成長しており、訪日客からも好評を博している。約12年前に比べ、市内の屋台の推定売上高は1・3倍に増加。市は新たな観光資源としてPRに力を入れている。

 市の委託先企業の調査によると、市内にある105軒の屋台の1日平均客数は2011年12月時点に比べ、今年11月時点では1・5倍の45人に増加。総利用者数は約116万人から約119万人に伸び、総売上高も年間17億3千万円から22億9千万円に膨らんだ。

(2023年11月30日 16時29分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ