山陽新聞デジタル|さんデジ

ガザ休戦、1日再延長 イスラエル、ハマス合意

 イスラエル軍の攻撃で破壊されたガザ地区南部ハンユニスの建物=29日(ロイター=共同)
 イスラエル軍の攻撃で破壊されたガザ地区南部ハンユニスの建物=29日(ロイター=共同)
 【エルサレム共同】イスラエル軍とイスラム組織ハマスは30日朝(日本時間同日午後)、パレスチナ自治区ガザでの戦闘休止の延長期限が切れる直前に再延長に合意したと発表した。戦闘再開がぎりぎりで回避された。ブリンケン米国務長官は30日未明、イスラエルを再訪した。イスラエル側との協議で戦闘休止の継続を実現できるかどうかが焦点だ。

 仲介するカタール政府によると、延長期間は1日で、新たな期限は12月1日朝とみられる。イスラエルは休止後に戦闘再開の意向を示している。

 合意により30日もハマスの人質解放と、イスラエルのパレスチナ人釈放の身柄交換が実施される見通し。イスラエル首相府は30日朝、ハマスが合意履行の手続きを期限までに進めなければ「直ちに戦闘再開することを決めていた」と明かした。

 イスラエル軍によると、戦闘休止6日目の29日もハマスの人質のうち、新たにイスラエル人10人とタイ人4人、ロシアとイスラエルの二重国籍の女性2人の計16人が解放された。イスラエルも拘束していたパレスチナ人30人を釈放した。

(2023年11月30日 18時38分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ