山陽新聞デジタル|さんデジ

冬桃の収穫適期把握へデータ収集 吉備路もも出荷組合が定点観測

 JA晴れの国岡山吉備路もも出荷組合(総社市門田、約100戸)は、おくて品種「冬桃がたり」の収穫適期を把握するため、果実硬度測定器を用いた定点観測に取り組んでいる。目安となる硬さを割り出し、成熟の予測...
この記事は会員限定です。
山陽新聞ID(無料)に登録すると
  • 有料記事が無料で読める!(月5本まで)
  • 最新ニュースを速報メールでお届け
  • ID会員限定プレゼントに応募可

(2023年11月30日 09時09分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ