山陽新聞デジタル|さんデジ

倉敷市がハザードマップ作成 高潮想定、浸水危険区域示す

 倉敷市は、最大規模の高潮を想定したハザードマップを作った。市域の36%となる浸水危険区域を明示しており、リスクへの注意を喚起して備えを促す。

 地球温暖化に伴う海面上昇や台風の強大化を...
この記事は会員限定です。
山陽新聞ID(無料)に登録すると
  • 有料記事が無料で読める!(月5本まで)
  • 最新ニュースを速報メールでお届け
  • ID会員限定プレゼントに応募可

(2023年12月03日 09時09分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ