山陽新聞デジタル|さんデジ

トキエア、1月31日就航へ 延期繰り返した新潟―札幌便

 記者会見するトキエアの長谷川政樹社長=29日午前、新潟市
 記者会見するトキエアの長谷川政樹社長=29日午前、新潟市
 格安航空会社(LCC)「トキエア」(新潟市)の長谷川政樹社長は29日、拠点とする新潟空港で記者会見し、就航延期を繰り返していた新潟―札幌・丘珠便の就航予定日を来年1月31日にすると発表した。

 トキエアによると、1日2往復、週4日の運航を計画し、社内で検討を進めている。

 トキエアは当初、今年6月30日の就航を目指していたが、スタッフの訓練不足や、台風でテスト飛行が遅れたことなどを理由に8月に延期。その後は「10月中の就航を目指す」としながら、今月になっても就航予定日を明らかにしていなかった。

 丘珠便はトキエア最初の航路。72人乗りの小型プロペラ機「ATR72」2機を使用する。

(2023年11月29日 11時29分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ