山陽新聞デジタル|さんデジ

新聞通じ「将来の夢」探そう 12月9日 総社でワークショップ

新聞通じ「将来の夢」探そう 12月9日 総社でワークショップ
 新聞の記事や広告を通じ、児童に仕事への理解を深め、将来の夢を探すきっかけにしてもらうワークショップが12月9日、総社市勤労青少年ホーム(同市中央)で開かれる。

 山陽新聞販売所の若手所長らでつくる「青年山陽会」が主催。新聞を子どもたちのキャリア教育に役立ててもらおうと、同会が作製した教材「親子で10分! 新聞でつくる仕事図鑑」を活用する。気になった記事や広告を切り抜き、文章や写真から仕事を見つけ、深掘りして調べる。

 小学4~6年生と保護者が対象。午後2時、4時から各回定員10組。無料。同会の三宅壮一郎会長は「多様な人や企業が登場する新聞は、児童の夢探しにぴったりの教材。自主学習に取り入れてほしい」と話している。特設ページから申し込む。

(2023年11月28日 16時06分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ