山陽新聞デジタル|さんデジ

ロシア軍将校8人死亡か ウクライナが臨時司令部を攻撃

 ロシアの無人機攻撃で被害を受けたトラック=26日、ウクライナ・オデッサ州(ウクライナ軍提供、ロイター=共同)
 ロシアの無人機攻撃で被害を受けたトラック=26日、ウクライナ・オデッサ州(ウクライナ軍提供、ロイター=共同)
 【キーウ共同】ウクライナメディア「ウクラインスカ・プラウダ」は26日、ウクライナ保安局の当局者の話として、南部ヘルソン州を占拠するロシア軍の臨時司令部を高機動ロケット砲システム「ハイマース」で砲撃し、将校8人が死亡したと報じた。攻撃の際には毎日開催される会議が行われていたという。

 ヘルソン州では25日、ロシア軍の砲撃があり、州知事は教育施設や市場が被害を受け、少なくとも6人が死亡、10人が負傷したと明らかにした。地元メディアによると、南部オデッサ州やミコライウ州で26日に無人機攻撃があり、港湾施設などが破壊された。負傷者も出ている。

(2023年09月26日 19時54分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ