山陽新聞デジタル|さんデジ

日中韓首脳会談、12月で調整 高官協議、韓国が共同宣言も提案

 外務省高級事務レベル協議の前に記念撮影に応じる(左から)船越健裕・外務審議官、韓国の鄭炳元・外務次官補、中国の農融・外務次官補=26日、ソウル(共同)
 外務省高級事務レベル協議の前に記念撮影に応じる(左から)船越健裕・外務審議官、韓国の鄭炳元・外務次官補、中国の農融・外務次官補=26日、ソウル(共同)
 【ソウル共同】日本と中国、韓国は26日、ソウルで外務省高級事務レベル協議を開き、3カ国首脳会談を早期に開催する考えで一致した。複数の外交筋によると、議長国の韓国は12月に開催したいとの意向を示し、共同宣言の発表も提案した。日中の反論はなく、実現に向けて調整を加速させる構えだ。

 3カ国の首脳会談は新型コロナ感染拡大や各国間の関係悪化で2019年12月を最後に途絶えており、実現すれば4年ぶり。日韓関係の改善は進むが、東京電力福島第1原発処理水の海洋放出を巡り日中関係が悪化しており、3カ国協力を進められるかどうかが焦点となる。

 約2時間の協議終了後、船越健裕・外務審議官は記者団に「早期に外相会談、首脳会談を開いて成果を作っていくことになった」と述べた。協議には船越氏と韓国の鄭炳元・外務次官補、中国の農融・外務次官補が出席。韓国外務省によると、3氏は「コロナなどで停滞していた3カ国協力を再活性化させる契機になった」と評価した。

(2023年09月26日 19時24分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ