山陽新聞デジタル|さんデジ

「最強恐竜」会えるのは3日まで 岡山、迫力のティラノサウルス展

迫力満点のティラノサウルスの復元骨格などが並ぶ会場
迫力満点のティラノサウルスの復元骨格などが並ぶ会場
迫力ある恐竜の復元骨格に見入る子どもら
迫力ある恐竜の復元骨格に見入る子どもら
 “最強恐竜”たちの全身復元骨格などを集めた「ティラノサウルス展~T.rex 驚異の肉食恐竜」の会期は3日まで。会場の岡山シティミュージアム(岡山市北区駅元町)では1日も、恐竜ファンの子どもや家族連れらが詰めかけた。

 会場には全長10メートル前後のティラノサウルス3体を含む復元骨格17体をはじめ、顎や歯の実物化石など約40点を展示。周囲を威嚇するようにうなり声を上げながらダイナミックに動くロボットや、トリケラトプスとにらみ合う姿を再現した迫力あるデジタル映像もあり、子どもたちは太古の世界へ引き込まれていた。

 母親と叔母の3人で訪れた男児(3)=島根県出雲市=は「ロボットが本物みたいだった」と笑顔だった。

 同ミュージアム、RSK山陽放送、山陽新聞社主催、浅野産業特別協賛。

(2023年09月01日 12時20分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ