山陽新聞デジタル|さんデジ

SpeciaL和田優希、桃太郎役に絶賛の嵐 “ポンコツ扱い”多く「褒められ慣れてない(笑)」

「褒められ慣れてない(笑)」と語ったSpeciaL・和田優希 (C)ORICON NewS inc.
「褒められ慣れてない(笑)」と語ったSpeciaL・和田優希 (C)ORICON NewS inc.
 ジャニーズJr.の人気グループ・SpeciaLの和田優希が26日、都内で行われた『まんが日本昔ばなし 舞台版「伝説・桃太郎~鬼の絆~」』の公開けいこに参加した。主人公・吉備の国 桃太郎に起用され「最初にお話をいただいたときは、リアルに二度見しましたね(笑)。マネージャーにも『桃太郎役で合ってる?』と何度も確認しました」と初々しい笑顔を浮かべた。

【舞台写真】迫力満点の殺陣を披露した和田優希

 テレビアニメ『まんが日本昔ばなし「桃太郎」』のストーリーをもとにした同舞台は、劇中でアニメーションを取り入れながら展開する。和田は「日本に住んでいたら誰もが知っている大作の主人公。改めてアニメも見返しまして、今回の公演を通して桃太郎の魅力の一つである優しさを僕なりにお伝えできれば」と言葉に力を込める。

 桃太郎の扮姿はファンの間でも好評なようで「ビジュアルがいいと言われました(笑)」とうれしそうに明かすと「皆さんが知っている作品だからこそ、その共通認識を崩さず、この舞台での桃太郎の良さを伝えたい。プレッシャーとともにやる気が湧いてきました」と意気込んだ。

 そんな座長・和田への印象について、鬼子母神・阿曽母役の大和悠河は「すごく落ち着いてらして、楽屋で年齢を聞いてびっくりしました。流石だなと思いました」。続けて鬼・温羅役の門戸竜二は、実際に殺陣のシーンを重ねて「吸収力がすごい。多く人前に立っているということは、こういうところに出るんだなと思いました」と絶賛。この言葉に和田は「普段、グループの中だとポンコツ扱いされることが多くて褒められ慣れてないので体が熱いです(笑)」と大喜びしていた。

 そのほか、イザナミの巫女・みやび(黄泉醜女)役の黒田こらん、おばあさん/イザナミノ尊役の松原智恵子、おじいさん/イザナギノ尊役の片岡鶴太郎らが出演する。6月7日から11日まで東京・ヒューリックホール東京で上演される。

【写真】爽やか制服姿!目を合わせ笑い合う和田優希&鈴木大河
Jr.SP・和田優希『アナザー・カントリー』で舞台初主演「本当に和田で良いのか!?」 親友役はIMPACTors鈴木大河
【写真】ガッチリと握手を交わす片岡鶴太郎と次男の荻野綱久
【写真】高度なヨガの技術「ナウリ」を生披露した片岡鶴太郎
【写真】遊園地デートで乙女の顔をのぞかせる大和悠河

(2023年05月26日 15時44分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ