山陽新聞デジタル|さんデジ

「多士才々」出版代理人の黄碧君さん 台湾の「いま」を日本に伝えたい

 近年、日本でも徐々に存在感を増してきた台湾発の書籍。翻訳出版の橋渡しを担っているのが、版権エージェント「太台本屋 tai―tai books」店長の黄碧君さんだ。「日本の読者の興味関心に応え、観光だ...
この記事は会員限定です。
山陽新聞ID(無料)に登録すると
  • 有料記事が無料で読める!(月5本まで)
  • 最新ニュースを速報メールでお届け
  • ID会員限定プレゼントに応募可

(2023年03月30日 16時02分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ