山陽新聞デジタル|さんデジ

「スクランブル」熊本のイ草、生き残り模索 作付けはピーク時の6%

 畳表の材料となるイ草の生産が存続の危機に立たされている。安価な畳表の輸入品に押され、国内のイ草生産の大半を占める熊本県の作付面積はピーク時の約6%に激減。農家の高齢化、住宅の洋風化に伴う需要落ち込み...
この記事は会員限定です。
山陽新聞ID(無料)に登録すると
  • 有料記事が無料で読める!(月5本まで)
  • 最新ニュースを速報メールでお届け
  • ID会員限定プレゼントに応募可

(2023年03月29日 09時58分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ