山陽新聞デジタル|さんデジ

LE SSERAFIM、日本デビューはファンとともに笑顔で「これからもたくさん期待していてください!」

『LE SSERAFIM JAPAN DEBUT SHOWCASE FEARLESS』を開催したLE SSERAFIM (C)ORICON NewS inc.
『LE SSERAFIM JAPAN DEBUT SHOWCASE FEARLESS』を開催したLE SSERAFIM (C)ORICON NewS inc.
 5人組ガールグループ・LE SSERAFIM(ル セラフィム)が25日、日本デビューを迎え、東京・TOKYO DOME CITY HALLで『LE SSERAFIM JAPAN DEBUT SHOWCASE FEARLESS』を開催した。同グループが日本で単独イベントを開催するのは今回が初となり、会場には約2000人のファンが足を運んだ。

【写真】おそろいのキュートなポーズを見せたSAKURA&EUNCHAE

 チェス盤をモチーフにしたステージに登場した5人は、はじめにきょう25日に発売した日本1stシングル「FEARLESS」にも収録された「Blue Flame -Japanese ver.-」を披露。スクエアなリズムとシンセベースが生み出すグルーヴに乗せ、息の合ったフォーメーションダンスで魅了した。

 トークセッションでは、KAZUHAが「緊張と期待でワクワクしてなかなか眠れなかった」と心境を告白。SAKURAも「きょうは特別。新しくスタートを切るということで不安もあるけど、みなさんが応援してくださると思うので楽しみにしてきました」と笑顔を見せた。

 リーダーのKIM CHAEWONはグループ名の由来を「世間の視線を気にせず。恐れることなく前に進むという強い意思を込めています」と改めて説明し、メンバーによる日本デビューシングルの紹介へと進んだ。

 HUH YUNJINは1曲目の「FEARLESS -Japanese ver.-」について、「韓国デビューアルバムのタイトルトラックの日本語バージョン。揺らぐことなく進む私たちの姿を表現していて、自分たちのことを一番よく見せてくれる曲だと思う」と解説。日本語で紹介し切れたことに胸を撫で下ろしつつ、「ちょっと緊張しています」と照れ笑いを浮かべた。

 HONG EUNCHAEは2曲目の「Blue Flame -Japanese ver.-」を、「韓国デビューアルバムに収録されたカップリング曲の日本語バージョンです。オリジナルバージョンにはメンバーも作詞に加わり、愛着がある曲」とアピール。

 KAZUHAは3曲目の「Choices」を「初の日本オリジナル曲です。レトロなヒップホップとR&Bのサウンドが魅力で、ストリートカルチャー感もあり、スタイリッシュな魅力を存分にお見せできる曲」と胸を張りながら、「初のドラマタイアップ曲でもあり、東海テレビ・フジテレビ系土ドラ『三千円の使いかた』で放送されました」とうれしそうに報告した。

 さらに、「FEARLESS -Japanese ver.-」のミュージックビデオは、韓国語バージョンと異なるコンセプトで撮影されたことも明かされ、SAKURAは「私たちの姿を左右、上下、対角線、直線…どこでも動かせるチェスのクイーンに見立てて撮影しました。ぜひ楽しんでいただければと思います」と説明。イベント中盤では、日本語バージョンと韓国語バージョンのミュージックビデオを続けて披露する場面もあった。

 その後はファンから寄せられた質問に答えるコーナーやオリジナルのゲームにチャレンジする企画などが行われた。メンバーもファンも楽しそうに笑顔を見せ、温かい空気が会場を包む。

 最後にメンバーはそれぞれの言葉で感謝を伝え、KIM CHAEWONは「きょうお越しくださったみなさん、ありがとうございます。これからの日本での活動もたくさん期待していてください!」と力強い決意も。そして「FEARLESS -Japanese ver.-」をパフォーマンスし、笑顔でイベントを締めくくった。

【写真】モノトーンで大人っぽさを見せるLE SSERAFIM
【紅白リハ】LE SSERAFIM末っ子ウンチェ、日本で初年越し「おもちが食べたいです」
【写真19点】日本デビュー盤ソロジャケ含む全10形態ジャケ写&アイテムフォト
【写真100枚超】『KCON』レッドカーペット LE SSERAFIM、初来日NMIXXも
【写真10点】ゲーマーSAKURAがニヤッ…LE SSERAFIM 第2コンセプトフォト

(2023年01月25日 21時00分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ