山陽新聞デジタル|さんデジ

独、主力戦車14両の供与発表 他国所有分も承認、米は30両

 ドイツ製主力戦車レオパルト2=2011年9月、ドイツ・ミュンスター(AP=共同)
 ドイツ製主力戦車レオパルト2=2011年9月、ドイツ・ミュンスター(AP=共同)
 25日、議場に着席するドイツのショルツ首相=ベルリン(ゲッティ=共同)
 25日、議場に着席するドイツのショルツ首相=ベルリン(ゲッティ=共同)
 【ベルリン、ワシントン共同】ドイツ政府は25日、ロシアの侵攻を受けるウクライナに対し、自国の主力戦車レオパルト2を14両供与すると発表した。ポーランドなど保有国による提供も承認する。

 米ABCテレビは、12カ国がレオパルト2を計100両供与する見通しとなったと報道。米主要メディアは24日、米国が米軍の主力戦車エーブラムスを供与する方針を固めたとし、約30両を送ると25日にも発表する可能性があると伝えた。

 ドイツは戦火が拡大し北大西洋条約機構(NATO)に及ぶことを恐れ、供与に慎重だったが、方針転換した。

(2023年01月25日 22時17分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ