山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山県初「顕著な大雪情報」発令 真庭で3時間に降雪32センチ

雪で白く覆われた津山市街=24日午後4時28分
雪で白く覆われた津山市街=24日午後4時28分
 日本列島は24日、今季最強の寒気の影響で冷え込み、北日本から西日本の日本海側を中心に降雪が強まった。鉄道や空の便も運休や欠航が出た。25日にかけて広い範囲で大雪、強風の恐れがあり、太平洋側の平地でも積もる可能性がある。気象庁は、路面凍結による交通障害や暴風雪、高波に警戒を呼びかけた。

 真庭市では3時間降雪量が32センチとなり、昨冬までの最大記録を上回った。気象庁は真庭地域(同市、新庄村)と津山地域(津山市、鏡野、久米南、美咲町)、勝英地域(美作市、勝央、奈義町、西粟倉村)の10市町村に、深刻な交通障害が発生する恐れが高まっているとして「顕著な大雪に関する気象情報」を出した。岡山県内への発令は初めて。

県内交通機関 大幅乱れ JR、25日も計画運休


 岡山県内は24日、雪や風の影響でJRが計画運休し、高速道路も一部で通行止めとなった。空の便も欠航が出るなど交通機関が大きく乱れた。

 岡山地方気象台によると、3時間降雪量が真庭市のほか、美作市で21センチ、津山市で26センチといずれも昨冬までの最大記録を上回った。最大瞬間風速も岡山市中心部で26・0メートルを記録した。

 岡山桃太郎空港では、同日夜の東京、沖縄便の最終便が積雪で離陸できない恐れがあるとして欠航。25日もそれぞれ始発を欠航する。高速道路は岡山自動車道の岡山総社インター(IC)以北から米子自動車道米子ICにかけて、山陽自動車道山陽IC―三木小野IC間、中国自動車道新見IC―佐用IC間、瀬戸中央自動車道の児島IC―坂出IC間などが通行止めとなった。津山市一宮の県道ではトラックが積雪で立ち往生し、周辺の1・9キロ区間が通行止めになった。

 JR西日本は24日、瀬戸大橋線のマリンライナーや伯備、姫新線の一部区間などで計画運休。25日も特急「やくも」「スーパーいなば」などが全区間で終日運休し、芸備、因美、姫新、伯備線は一部区間で運転を見合わせる。

 24日午後から雪が降り始めた津山市では高校生らが転ばないよう慎重に歩いた。美作高1年の女子生徒(16)は「予想以上の雪。こんなに降ったのは久しぶり」と驚いていた。

 25日午後6時までの24時間予想降雪量は多い所で県北部の山地60センチ、平地30センチ、南部15センチで、同気象台は「25日の朝は短時間で雪が強まる予想で、県南部でも大雪が降る恐れがある」と不要不急の外出を避けるよう注意を促している。

(2023年01月24日 22時42分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ