山陽新聞デジタル|さんデジ

寒気接近、岡山県内は列車に乱れ 気象台「夜からかなり冷え込む」

JR西日本中国統括本部ビル
JR西日本中国統括本部ビル
 岡山県内は24日、今季一番の強い寒気が北から接近した影響で、県北で朝から雪が降っている。交通機関はJR瀬戸大橋線で計画運休するなどの乱れが出ている。

 午前11時現在の積雪量は新見市千屋が11センチ、真庭市蒜山上長田で6センチを観測した。岡山地方気象台によると、午後から冬型の気圧配置がさらに強まり、大雪となる所もある。25日午前6時までに予想される24時間降雪量は多い所で、県北部の山地が50センチ、平地30センチ、県南部10センチ。

 同気象台は「24日夜から25日朝にかけて岡山市中心部も氷点下3度近くまで気温が下がるなど、平年よりかなり冷え込むだろう。路面凍結による交通障害などに注意してほしい」としている。

 JR西日本は瀬戸大橋線で午前10時から一部区間の運転を取りやめて岡山―児島間で折り返し運転を行っているほか、伯備、因美、姫新、芸備線などで夕方以降を中心に計画運休を行う。

(2023年01月24日 12時48分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ