山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山県内 23日朝から大雪の恐れ 路面凍結、交通機関への影響注意

 23日は前線を伴った低気圧が四国の南海上を進むため、岡山県内は早朝から昼前にかけて広範囲で大雪が見込まれており、岡山地方気象台は積雪や路面凍結に注意するよう呼びかけている。

 気象台によると、23日午後6時までの24時間予想降雪量は、いずれも多い所で県北部の山地15センチ、平地10センチ、県南部は10センチ。市街地でも積雪があり、通勤通学時間帯の交通機関への影響が予想されるとしている。朝の最低気温は岡山市で1度、津山市で0度と見込んでいる。

 24日から25日にかけては、この冬一番の寒気が流れ込んで強い冬型の気圧配置になると予想。県北部を中心に大雪になる恐れがあるとしている。

 JR西日本中国統括本部は中国地方の各路線で列車の運休や見合わせが見込まれるとし、運行情報に注意するよう求めている。

(2023年01月22日 20時09分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ