山陽新聞デジタル|さんデジ

黄色い花 幸せの甘い香り 深山公園でソシンロウバイ満開

独特の甘い香りで来園者を楽しませているソシンロウバイ
独特の甘い香りで来園者を楽しませているソシンロウバイ
 深山公園(玉野市)でロウバイの一種・ソシンロウバイが見頃を迎えた。かれんな黄色い花が満開となり、独特の甘い香りで来園者を楽しませている。

 ロウバイは中国原産の落葉低木。花びらが光沢のある半透明でろう細工のように見えることが名前の由来。ソシンロウバイはやや花が大きいのが特徴で、園内には赤松池近くの駐車場南東にある。1月に入っても暖かい日が多かったため、例年に比べて1週間ほど早く満開となった。

 夫婦で園内を散策していた女性(71)=岡山県早島町=は「とてもきれい。幸せな香りがしますね」と話していた。

 公園を管理する市公園緑化協会によると、ソシンロウバイの見頃は月末まで。池の南西にある花木園のロウバイ約20本も20日時点で八分咲きで、イギリス庭園の梅・楊貴妃も開花しているという。

(2023年01月21日 11時26分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ