山陽新聞デジタル|さんデジ

アキアミ 神秘的な舞 玉野海洋博物館、初の大規模展示

無数のアキアミが舞う水槽
無数のアキアミが舞う水槽
 玉野海洋博物館(玉野市渋川)でサクラエビの仲間・アキアミが展示されている。雪の花が舞うような群泳が来館者の関心を集めている。

 アキアミは瀬戸内海や有明海など内湾の沿岸部に生息。同じ「アミ」と呼ばれるオキアミとは異なる。名前の通り秋口に大群でみられることが多いが、今季は初冬まで気温の高い日が続いた影響もあってか、12日に同市胸上沖で見つかり、地域の人から連絡を受けて同館職員が水揚げした。

 長いひげを持つ半透明の体は2センチほど。半円形の水槽を白く染めながら500匹以上がひらりひらりと泳ぐ姿に大人から子どもまで興味津々。同館として大規模な展示は初めてで「しっかり観賞できる機会は珍しい。“神秘的な舞”を楽しんでほしい」と早めの来館を呼びかける。

(2023年01月19日 16時30分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ