山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山空港台北線3月再開をPR 県、JR岡山駅前に懸垂幕

岡山―台北線の再開決定をPRするため、JR岡山駅前に掲げられた懸垂幕
岡山―台北線の再開決定をPRするため、JR岡山駅前に掲げられた懸垂幕
 新型コロナウイルス感染拡大で運休していた岡山桃太郎空港(岡山市北区日応寺)発着の台北定期線の再開が決まったことを受け、岡山県は19日、空路復活をPRする懸垂幕をJR岡山駅前の県啓発塔に掲げた。

 台北線は3月26日から週4往復で運航を再開し、5月27日以降は週7往復に増便する。懸垂幕(長さ6・6メートル、幅1・4メートル)には「祝」の文字に「岡山―台北線 3・26運航再開」と大書。運航する格安航空会社(LCC)・タイガーエア台湾の公式キャラクターのイラストもあしらった。

 岡山桃太郎空港の国際定期4路線は2020年3月から全線運休しており、再開は3年ぶり。残るソウル、上海、香港の3路線は現時点で再開の見通しは立っていない。

(2023年01月19日 11時25分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ