山陽新聞デジタル|さんデジ

維新・前川議員に罰金30万円 公選法違反、奈良地裁判決

 2021年10月の衆院選で公示前に選挙協力を依頼する文書を不特定多数の有権者に送ったとして公選法違反(事前運動、法定外文書頒布)の罪で在宅起訴された日本維新の会の衆院議員前川清成被告(60)に対し、奈良地裁の沢田正彦裁判長は18日、「民主主義の根幹を成す選挙制度の公正を害した」と求刑通り罰金30万円の判決を言い渡した。支持団体を持たない被告が焦りから違法行為に及んだと言及した。

 公選法違反罪で罰金刑以上が確定すれば原則5年間、公民権停止となり失職する。判決は「公民権停止期間を短縮するべき情状は認められない」とした。

(2023年02月08日 07時45分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ