山陽新聞デジタル|さんデジ

質問権「行使違法」と旧統一教会 文科省に意見書

 参院消費者問題特別委で答弁する岸田首相=10日午前
 参院消費者問題特別委で答弁する岸田首相=10日午前
 宗教法人法に基づく質問権行使を巡り、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)が「行使は違法」とする意見書を文部科学省に提出していたことが10日、関係者への取材で分かった。文化庁は適法な手続きだとして調査を継続する方針で、14日の宗教法人審議会で2度目の諮問をして、追加調査を始める。

 宗教法人法は質問権行使の要件を「法令に違反して、著しく公共の福祉を害すると明らかに認められる行為」などが疑われる場合と規定。政府は従来、法令違反は刑事事件を念頭に置いていたが、岸田文雄首相が10月の国会で「民法の不法行為も入り得る」と答弁した。

(2022年12月10日 11時30分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ