山陽新聞デジタル|さんデジ

核先制使用の検討を示唆 プーチン大統領、米欧けん制

 9日、キルギスの首都ビシケクで記者会見するロシアのプーチン大統領(タス=共同)
 9日、キルギスの首都ビシケクで記者会見するロシアのプーチン大統領(タス=共同)
 ロシアのプーチン大統領は9日の記者会見で、ロシアの軍事ドクトリンが核を報復にのみ使用できるとする一方、米国は先制攻撃が可能だと主張し「安全保障確保のため、米国案の採用を検討すべきかもしれない」と述べた。ロシアが侵攻するウクライナを支援する米欧をけん制した。

 キルギスの首都ビシケクでユーラシア経済同盟(EAEU)首脳会議後に会見した。仮にロシアが先制攻撃を受ければ「敵は跡形もなくなる」とも警告した。7日にも核戦争リスクについて「脅威が増している」と語ったばかりだった。

 9日の会見でウクライナでの軍事作戦は「順調」と強調し、兵員の追加動員の可能性は否定した。

(2022年12月10日 09時32分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ