山陽新聞デジタル|さんデジ

宇野SPトップ、山本2位 ペア三浦組も首位発進

 男子SPの演技を終え、拍手に応える宇野昌磨=トリノ(共同)
 男子SPの演技を終え、拍手に応える宇野昌磨=トリノ(共同)
 【トリノ共同】フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは8日、トリノで開幕してショートプログラム(SP)が行われ、男子は昨季世界選手権覇者の宇野昌磨(トヨタ自動車)が今季自己最高の99・99点でトップに立った。

 山本草太(中京大)が94・86点で2位、三浦佳生(オリエンタルバイオ・目黒日大高)が87・07点で3位。イリア・マリニン(米国)は80・10点で5位、佐藤駿(明大)は6位と出遅れた。

 ペアの三浦璃来、木原龍一組(木下グループ)は78・08点で首位発進。

 ジュニアの女子は島田麻央(木下アカデミー)が69・66点で1位だった。

(2022年12月09日 07時47分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ