山陽新聞デジタル|さんデジ

【空飛ぶ捜索医療団】12月10日(土)~11日(日)、高知県田野町にて大規模災害発生時に迅速かつ的確な救急救助等の対応力向上を目的とした多機関連携災害時医療救助訓練を実施

2022年12月08日 18時12分 更新
【空飛ぶ捜索医療団】12月10日(土)~11日(日)、高知県田野町にて大規模災害発生時に迅速かつ的確な救急救助等の対応力向上を目的とした多機関連携災害時医療救助訓練を実施
ピースウィンズ・ジャパン
認定NPO法人ピースウィンズ・ジャパン(代表理事:大西健丞 本部:広島県神石高原町)が運営する“空飛ぶ捜索医療団”ARROWS”は、大規模災害発生時に迅速かつ的確な救急救助等の対応力向上を目的とした合同訓練を高知県田野町にて実施します。この訓練は、大学やDMAT、消防、企業、NGO、学生等を交えて行われ、実際の災害を想定したものとなります。実際の災害を想定し、レスキューの現場と野外病院での診療や治療などの訓練をリンクして行う、全国でも稀な取り組みとなっています。空飛ぶ捜索医療団は、一人でも多くの被災者の命を助け災害時でも縦割りでなく、横断的な視点で活動できる災害医療チームを目指しています。


前回の多機関合同訓練の集合写真


◆訓練概要
実施日時:2022年12月10日(土)07:00-20:00/11日(日)07:00-16:00
訓練場所:高知県安芸郡田野町 二十三士公園
参加人数:152名(当日まで変動の可能性あり)
参加団体:24団体(オブザーバー含む)
訓練内容:令和4年12月5日午前6時。南海トラフ級巨大地震が発生。大津波も発生し、東海地方から九州にかけての太平洋側の広い地域で甚大な被害発生を想定。発災3日後に空飛ぶ捜索医療団が企業・他団体と協働し、フィールドホスピタルを展開する。
協力:高知県田野町


動画 : 前回多機関連携災害時医療救助訓練の様子 -前編- ダイジェスト


動画 : 前回多機関連携災害時医療救助訓練の様子 -後編- ダイジェスト

報道機関の皆さまにおかれましては訓練取材も含め是非、ご関心をお寄せ頂きますようお願い申し上げます。

◆空飛ぶ捜索医療団“ARROWS”:https://arrows.red/
これまでの活動の記録はこちらから:https://arrows.red/record/
■団体概要
特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン
代表理事兼統括責任者:大西 健丞
設立年月:1996年2月
所在地:広島県神石高原町近田1161-2 2F 東京事務所:東京都渋谷区富ヶ谷2-41-12 富ヶ谷小川ビル2F
主な活動:災害緊急支援、海外人道支援、地域復興・開発支援、犬の保護・譲渡活動
団体 URL :https://peace-winds.org/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

あなたにおすすめ

ページトップへ