山陽新聞デジタル|さんデジ

JKホールディングスグループがグループ内再編を実施(ブルケン四国が協和を吸収合併)

2022年12月08日 17時00分 更新
JKホールディングスグループがグループ内再編を実施(ブルケン四国が協和を吸収合併)
JKホールディングス株式会社
グループ全体でのシナジー効果を最大化し建築資材の販売事業強化を推進

JKホールディングス株式会社(東京都江東区、代表取締役社長 青木慶一郎/以下、JKHD)の連結子会社である株式会社ブルケン四国(高知県高知市、代表取締役社長 坂元浩/以下、BK四国)は、同連結子会社である株式会社協和(愛媛県今治市、代表取締役社長 坂元浩/以下、協和)の吸収合併を行いますので、お知らせいたします。


1.JKHDグループおよびJKHDについて


 JKHDグループは、「快適で豊かな住環境の創造」を企業理念とし、主に合板の製造販売、木材の加工販売、合板・合板二次製品・建材および住宅機器等の卸売事業を展開し、「住」に関する分野の更なる発展と進化を目指して、グループ企業63社、全国約300拠点で地域密着の事業を展開しております。
 JKHDは、JKHDグループの持ち株会社として、グループ全体の管理、運営を担当しております。

2.本合併の目的
 当社グループは、建築資材の販売事業強化を推進しております。その中で、「経営の合理化・効率化」また「当社グループ全体でのシナジー効果の最大化」を重要施策とし、さまざまな取り組みを開始しております。
 今般、その取り組みをさらに推し進め、より一体的に経営していく体制を整備し、事業全体の合理化・効率化を図ることがグループ全体の企業価値向上に資するものと考え、グループ内組織再編を実施することを決定いたしました。

3.本合併の概要
 BK四国を存続会社とし、協和を消滅会社とする吸収合併を実施いたします。



4.本合併の要旨
■合併の日程
 合併契約締結日        2022年12月5日
 合併効力発生日        2023年 2月1日(予定)

■合併方式
 BK四国を存続会社とする吸収合併方式で、協和は解散いたします。


5.当事会社の概要(2022年12月1日現在)



6.直近事業年度の財政状態および経営成績(2022年3月期)



7.本合併後の状況


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

あなたにおすすめ

ページトップへ