山陽新聞デジタル|さんデジ

高額電子マネー購入 詐欺疑い通報 児島署など コンビニ店員に感謝状

感謝状を贈られた尾池さん(左)と小林店長
感謝状を贈られた尾池さん(左)と小林店長
 特殊詐欺被害を未然に防いだとして、児島署と児島防犯連合会は、セブン―イレブン倉敷児島山際店(倉敷市児島下の町)と店員の尾池拓治さん(38)に感謝状を贈った。

 同署によると、11月8日午後11時ごろ、来店した市内在住の80代男性が20万円分の電子マネーを購入しようとした。レジで対応した尾池さんが目的を聞くと「アプリの入金や返金のために必要」などと話したことから詐欺を疑い、同署に通報した。

 同署で贈呈式があり、徳重智司署長が尾池さんと店長の小林正治さん(37)に感謝状を手渡した。尾池さんは「日頃から特殊詐欺の手口について意識していたことがよかった。今後も被害防止に取り組みたい」と話していた。

(2022年12月08日 17時26分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ