山陽新聞デジタル|さんデジ

ゼロコロナ実態、動画で発信 ウイグル全体が「収容所」

 11月29日、中国の動画投稿アプリ「抖音」に投稿された、倉庫のような場所にベッドが等間隔に並べられた集団隔離用とみられる施設の様子(日本ウイグル協会提供)
 11月29日、中国の動画投稿アプリ「抖音」に投稿された、倉庫のような場所にベッドが等間隔に並べられた集団隔離用とみられる施設の様子(日本ウイグル協会提供)
 中国新疆ウイグル自治区で深刻な弾圧を受けているとされるウイグル族が、中国政府による「ゼロコロナ」政策の実態を伝えようと動画投稿アプリで発信を続けている。住宅地に通じる道路の門扉や住宅の扉が外部から施錠された様子が写り、現地に家族を残す人は「ウイグル全体が巨大な収容所のようだ」と指摘。「命を軽んじる政府と政策を知って」と訴える。

 中国では新型コロナウイルス対策で厳しい行動制限を強いる「ゼロコロナ」政策への抗議活動が拡大。契機となったのは自治区ウルムチで起きた火災で、防疫対策による封鎖で救助が遅れたとされ10人が犠牲になった。

(2022年12月08日 18時11分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ