山陽新聞デジタル|さんデジ

AI画像解析技術で検知した介護施設利用者の事故を、すみやかに対処し予防につなげる新サービス「N-SYSTEM-ai」の提供を開始。

2022年12月08日 10時00分 更新
AI画像解析技術で検知した介護施設利用者の事故を、すみやかに対処し予防につなげる新サービス「N-SYSTEM-ai」の提供を開始。
株式会社North Hand
現場からの声を元にした介護記録システム等の開発を手掛ける株式会社North Hand(ノースハンド・本社:広島県府中町、代表取締役 北村聡、以下North Hand)は、介護施設内で最も多い転倒・転落・滑落事故を検知し、予防につなげる新サービス「N-SYSTEM-ai(エヌ・システム・アイ)」を2022年12月10日より提供開始いたします。


 「N-SYSTEM-ai」はNorth Handが開発する、介護記録システム「N-SYSTEM-Care(エヌ・システム・ケア)」と、次世代介護ソリューションサービスを提供するVoxela社(本社:米国カリフォルニア州、共同創業者兼CEO:遠藤 雄太)が開発したAI画像解析技術による事故検知・防止サービス「Voxela VCare(ヴォクセラ ブイケア、以下VCare)」を連携させることで、事故状況の迅速な確認・対応と正確な情報の検証を可能にしています。

 「VCare」を搭載したカメラが転倒を検知すると自動で「N-SYSTEM-Care」へ通知が届き、介護スタッフは「N-SYSTEM-Care」に連携したパソコンやスマホで転倒時の映像を即座に確認し対応することができます。





▼N-SYSTEM-Care/N-SYSTEM-ai  https://n-system-cloud.com
▼Voxela VCare           https://www.voxela.ai/ja


■新サービス提供開始の背景

 介護施設内で最も多い事故は転倒・転落・滑落で全体の65.6%を占めており、介護職員の人員不足が叫ばれる中、業界では事故そのものをどのように減らしていくかが大きな課題となっています。転倒の予防は身体的・環境的な要因を多角的に評価して検証することで実現でき、そのためには実際の転倒の状況を正確に関係者へ伝えることが不可欠となります。そこで、事故を自動検知するAI画像解析システム「VCare」の情報を介護記録システムに取り込む「N-SYSTEM-ai」を開発し、職員の負担を軽減しながら事故発生状況を即時に検証することで、事故の予防につなげることを目指しました。


■サービスの特徴特長

1.施設内カメラが転倒などを検知するとクラウドに動画が保存され、「N-SYSTEM-ai」上でいつでもどこでも再生できるようになります。

2.転倒時などの状況を映像で共有することで、理学療法士など様々な専門家に正確な情報を伝えることができ、多角的な転倒予防策を検討できます。


■サービスの運用状況

 「N-SYSTEM-ai」は弊社グループ会社の株式会社LILE THE STYLE(広島県広島市東区)が運営するサービス付高齢者賃貸住宅「ケアビレッジ ライル温品」にて、2022年6月より試験運用を行っています。

 システムの導入により転倒などがあった際の対応がよりすみやかになり、介護スタッフやリハビリスタッフなど複数の関係者の間で正確な情報共有が可能になったことで具体的な転倒防止対策を立てられるようになりました。また、その後のケアや福祉用具の選定、リハビリの見直し、ADL(日常生活動作)の向上でもシステムが役立てられています。


■今後の展開

 「ケアビレッジ ライル温品」では12月より「N-SYSTEM-ai」の追加導入により検証を重ね、2023年には全室導入を予定しています。さらに2024年から他施設への販売も開始し、より多くの事故防止やケアの改善に役立てます。

■会社概要

商号   : 株式会社North Hand(旧社名 株式会社NORTH HAND GROUP 2022年11月に社名変更)
代表者  : 代表取締役 北村 聡
所在地  : 〒732-0033 広島県安芸郡府中町柳ヶ丘16−7
設立   : 2006年6月1日
事業内容 : 介護システム開発・販売・コンサルティング
資本金  : 3,000千万円
URL  : https://nh-group.co.jp/profile/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

あなたにおすすめ

ページトップへ