山陽新聞デジタル|さんデジ

10月の経常赤字641億円 9カ月ぶり、輸入大幅増

 経常収支の推移
 経常収支の推移
 財務省が8日発表した10月の国際収支速報によると、海外とのモノやサービス、投資の取引状況を示す経常収支は641億円の赤字だった。赤字は1月以来9カ月ぶり。円安進行と原油高で輸入額が大幅に増加、輸出から輸入を差し引いた貿易収支が1兆8754億円の赤字となったことが響いた。

 10月としての経常収支の赤字は比較可能な1985年以降、2013年に続き2度目。前年同月は1兆7347億円の黒字で収支の悪化幅は1兆7988億円となり、過去最大を記録した。輸出は自動車や半導体部品などが増えた一方、輸入は原油や液化天然ガス(LNG)などが増え、輸出の伸びを大幅に上回った。

(2022年12月08日 11時20分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ