山陽新聞デジタル|さんデジ

がん検診率60%に向上目標 厚労省、第4期基本計画

 第4期がん対策推進基本計画案のポイント
 第4期がん対策推進基本計画案のポイント
 厚生労働省は7日、有識者協議会を開き、2023年度から6年間の国の取り組みを定める「第4期がん対策推進基本計画案」をまとめた。死亡率を減らすため、検診の受診率を60%に向上させることを目指すほか、全国どこにいても質の高いがん医療が受けられるよう、医療提供体制の均てん化や集約化を進める。利便性向上のためオンライン診療などのデジタル化も推進する。

 がん検診の受診率は、いずれのがんでも増加傾向にあるが、19年時点で、男性の肺がん検診を除いて第3期計画の目標だった50%を達成できていない。新型コロナの影響で、検診の受診者が1~2割程度減少しているとの報告もある。

(2022年12月07日 20時32分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ