山陽新聞デジタル|さんデジ

デジタルハリウッドSTUDIO×シュモーに学ぶ会|主婦・ママ受講生の視点から絵本の世界で親子が平和について考える、絵本『シュモーおじさん』の特設サイトを制作

2022年12月07日 15時00分 更新
デジタルハリウッドSTUDIO×シュモーに学ぶ会|主婦・ママ受講生の視点から絵本の世界で親子が平和について考える、絵本『シュモーおじさん』の特設サイトを制作
デジタルハリウッド株式会社
全7名の受講生が制作した作品から選出された優秀作品2点が公開

IT関連及びデジタルコンテンツの人材育成スクール、デジタルハリウッド(運営会社:デジタルハリウッド株式会社 本社/本校:東京都千代田区 学長:杉山知之)が運営をする『デジタルハリウッドSTUDIO』では、いち早くハイブリッドラーニングを取り入れ、どんな時でも持続的、継続的な学び方ができる環境、教材を提供し、制作課題として受講中に実案件を経験するプログラムを通じて、実践力を養っています。このたび、主婦・ママの自由な働き方と生き方を応援する「Webデザイナー専攻 主婦・ママクラス」にて、当クラスの受講生が、シュモーに学ぶ会が出版した絵本『シュモーおじさん』の特設サイトを制作しました。




受講生の主婦やママの視点を活かし、広島の平和学習に新しい視点からアプローチするプロジェクトとしてWebサイト制作し、コンペで選ばれた2名の作品を公開しています。

11月の広島平和文化月間では、「皆実平和住宅とシュモーの庭」と題してフィールドワークが開催され、シュモーたちが家作りを行ったゆかりの地は、そのフィールドワークの対象施設となっていました。

この機会に「平和」への思いを共有する「文化」に触れるためWebサイト、絵本や様々な取り組みに触れていただけると幸いです。

■絵本「シュモーおじさん」について

広島に原爆が投下され、「自国の犯した罪を償いたい。広島の人のために何かできることはないか」と考え、仲間とともに「ヒロシマの家」建設を行った実在の人物「フロイド・シュモー氏」の想いを伝える絵本「シュモーおじさん」。

1949年から53年の間に21戸を建設しましたが、現存するのは集会所として建てた1戸だけです。その建物は、2012年に広島平和記念資料館の附属展示施設である『シュモーハウス』として保存されています。77年前の広島に原子爆弾が投下されたことを遠い昔のことにしてしまいつつある現代に、人の痛みを自分の痛みとして被爆者に寄り添い、支援の手を差し伸べてくれた人がいたことを知り、力を合わせて平和を創ることの大切さを伝えたいと絵本で紹介しています。

■今回の目的・実施内容について

学習カリキュラムの一環として、シュモーに学ぶ会が出版する絵本「シュモーおじさん」のWebサイトを企画。主婦・ママの視点からサイトの目的やゴール設定などをヒアリングし、絵本の柔らかい世界観のなかで親子が平和について考えるきっかけとなるようなデザインと構成を考えWebサイトを制作しました。全7名の受講生が制作した作品から選出された優秀作品2点が公開されています。

>優秀作品2点の紹介と制作の様子はこちら<

https://school.dhw.co.jp/school/shibuya/blog/20221202.html

■担当者からのコメント

●シュモーに学ぶ会 西村宏子さん

シュモーおじさんの世界観をそのままに、温かみのある素敵なWebサイトが誕生したことをとても嬉しく思います。
これは人の繋がりによって贈られた宝物であり、新たな出会いを生む架け橋となるものです。
大切に育てていきたいと思います。
「技術」だけでなく心を込めて制作して下さったママクラス所属の7名の皆様、ご指導にあたられた先生方や関係者の皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

●コーディネーター:久保田涼子さん

戦争や平和について、次世代にどう伝えていけばいいのかを、このクライアントワークをきっかけに、受講生さんたちが深く考え、形にしてくださったことを大変嬉しく思います。このWebサイトがたくさんの人たちに届き、拡がっていくことを願っています。
第三世代が考えるヒロシマ「 」継ぐ展:https://www.tsuguten.com/

●Webデザイナー専攻 主婦・ママクラス 担当講師:山内 三紀子

絵本『シュモーおじさん』のWebサイト制作を通じて、広島や平和学習について私も受講生さんも深く考える素晴らしい機会をいただきました。西村様の想いをWebサイトという形にできたこと、受講生・講師陣・スタッフ一同 本当に嬉しく思います。この度は本当にありがとうございました!

■優秀作品の紹介

●制作者:河内美里さん

https://tsuguten.com/schmoe01



シュモーさんの広島での活動を知ることで、平和について再度考えることが出来ました。

絵本「シュモーおじさん」は広島原爆で起きたこともそうですが、平和とは何かを感じられるきっかけになる本だと思います。

このWebサイトを通して、シュモーさんの人を思いやる温かい心が、より多くの人へ受け継がれていくことを願っています。

●制作者:大上侑子さん

https://tsuguten.com/schmoe02



絵本「シュモーおじさん」のWebサイト制作に携われて大変光栄に思います。
シュモーさんの広島での活動が、希望、勇気、未来を感じさせてくれるということ、絵本を通じて今を生きる子供達や、大人の方々へ届いてほしいという想いで制作致しました。

未来に向けてこの絵本が沢山の人々に読み継がれていくことを心より願っています。

■制作レポート

絵本を通じて子供と大人で平和を考えるWebサイトの制作に挑戦。主婦・ママクラスにて、 絵本『シュモーおじさん』の特設サイトを制作

https://school.dhw.co.jp/school/shibuya/blog/20221202.html



■デジタルハリウッドSTUDIO Webデザイナー専攻 主婦・ママクラスについて

デジタルハリウッドSTUDIOでは自分らしく学び、多様な働き方を叶えるスキルを習得する講座を展開しています。本プロジェクトでは、女性の多様な働き方を応援する「Webデザイナー専攻 主婦・ママクラス」の受講生が、就職・転職、在宅ワーク、フリーランス、複業/副業、地方移住など、希望のライフスタイルや働き方を実現するための実践カリキュラムとしてWeb制作に挑みました。

制作実績のある卒業生を多く輩出し業界で活躍できるクリエイターを育成することで、女性の自由な働き方を応援してまいります。

■説明会開催中

デジタルハリウッドSTUDIOにご興味をお持ちの皆さまへ、受講生・卒業生の活躍や作品紹介、カリキュラムのご案内など、各校舎の説明会にて行っています。ご興味のある方は、お近くの校舎を選択の上、ぜひ説明会へお越しください。

https://school.dhw.co.jp/form/counseling/


【デジタルハリウッドSTUDIOとは】



『デジタルハリウッド STUDIO』とは、「好きなことを、好 きな時間で、好きな場所で、自分らしく学ぶ。」今までにない"ラーニングスタジオ"をコンセプトにした、目的や地域に特化した学習スタイルを提供するプラットフォームです。デジタルハリウッド設立より25年以上もの間、多くの実績を生んできた教育ノウハウとメソッドを集約し、確実にスキルが身につくカリキュラムを提供しています。

「ワーク・シフト」が注目されはじめ、働き方が大きく変わる中、併せて生活スタイルも時間の使い方そのものが変化をしはじめ、必然的に"学びのスタイル"も変化をしている流れをいち早く察知し、デジタルハリウッドでは2012年より、この「新しい学びのスタイル」を提供し始めております。

デジタルハリウッド拠点一覧: https://school.dhw.co.jp/school/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

あなたにおすすめ

ページトップへ