山陽新聞デジタル|さんデジ

首相、物価高対策の早期実行指示 春闘賃上げに期待

 物価・賃金・生活総合対策本部の会合であいさつする岸田首相=6日午前、首相官邸
 物価・賃金・生活総合対策本部の会合であいさつする岸田首相=6日午前、首相官邸
 岸田文雄首相は政府が6日開いた「物価・賃金・生活総合対策本部」に出席し、総合経済対策の裏付けとなる2022年度第2次補正予算の成立を受け、予算執行による電気料金の抑制など家計支援の迅速な実行を関係閣僚に指示した。「成長と分配の好循環は来年春の春闘の成果にかかっている」と述べ、物価高騰に見合った賃上げ実現に期待を示した。

 厚生労働省が6日発表した10月の毎月勤労統計調査では、物価上昇を加味した実質賃金が前年同月比2・6%減となり、マイナスに転じた4月以降で初めて2%を超えた。経済対策による家計支援を急ぐとともに、企業に積極的な賃上げを促す考えだ。

(2022年12月06日 12時45分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ