山陽新聞デジタル|さんデジ

天満屋・渡辺が初V、大東は6位 防府読売マラソン女子

渡辺桃子
渡辺桃子
大東優奈
大東優奈
 防府読売マラソンは4日、山口県防府市のキリンレモンスタジアム体育館前―キリンレモンスタジアム陸上競技場のコースで行われ、男子は中村祐紀(住友電工)が2時間8分29秒で初優勝した。山本翔馬(NTT西日本)が23秒差の2位、橋本崚(GMOインターネットグループ)が2時間9分12秒で3位に入り、日本人3位以内と2時間10分以内の条件を満たして2024年パリ五輪の代表選考会「グランドチャンピオンシップ(MGC)」の出場権を獲得した。

 5度目の優勝を狙った川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)は2時間16分38秒で17位だった。

 女子は大卒2年目で2度目のマラソン挑戦となった24歳の渡辺桃子(天満屋)が2時間32分5秒で初優勝した。天満屋の主将で初マラソンの大東優奈は2時間36分51秒で6位に入った。

(2022年12月04日 18時09分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ